自宅での作業はMacBook Proのクラムシェルモードに32インチ4Kモニター

クラムシェルモード
クラムシェルモード
ITツール
Pocket

雇われていたときは自分で仕事の道具を選ぶことができませんでしたが、独立してからは自分の好きな道具で仕事をすることができます。
現在はMacBook Pro13インチを使用しているのですが、自宅で作業する時、特にExcelの作業をするときは画面が小さいと感じる時があります。
そういったときはMacBook Proに外付けディスプレイをつなげて画面を出力して作業しています。

 

13インチの画面分割での作業はやりにくい

私がMacBook Pro13インチを購入した理由は、独立後はパソコンを持ち運ぶ機会が多いだろうと考えたからです。
MacBook Pro13インチは重さが「1.37キロ」ですから、リュックに入れておけば運ぶのに全く苦になりません。

実際に独立後は持ち運ぶ機会が多くありますので、15インチでなく13インチを購入したのは正解でした。

ただし、13インチでは不便な場面もあります。
それは画面分割をしての作業です。

私は、ExcelとPDFの画面を開いて作業したり、パワポとPDFの画面を開いて作業したりするのですが、その場合それぞれの画面がかなり小さくなってしまい、作業効率が落ちてしまいます。

例えば参考資料を見ながら、パワポで作業をしようとするとこれくらいのサイズになってしまいます。
これではパワポの作業効率はかなり下がってしまいます。

そういったときは外付けディスプレイをつなげて作業するようにしています。

MacBook Pro

Mac初心者がMacBook Proを使って3ヶ月。感想や気づいたことなど

2019年5月23日

 

外付けディスプレイの様々な選択肢

MacBook Proに外付ディスプレイをつなげる場合の運用方法は、複数の選択が考えられます。

  1. MacBook Proに外付けディスプレイをつなげてデュアルディスプレイ
  2. MacBook Proに外付けディスプレイをつなげてデスクトップPCのように使う
  3. MacBook Proに外付けディスプレイを2つつなげる(トリプルディスプレイ)

など、選択肢は様々です。

私はこの中の
「MacBook Proに外付けディスプレイをつなげてデスクトップPCのように使う」
ことを選択しました。

このように、外部モニターをつなげたうえでMacBook Proは閉じて使用しています。
このような使い方をクラムシェルモードと言います。

ちなみにモニターは32インチ4Kの解像度が高いものを選択しました。
Dell『U3219Q』です。

【ポイント最大31倍!期間限定10/29(火)まで】Dell デジタルハイエンドシリーズ U3219Q 31.5インチ 4K HDR USB-C 液晶モニター パソコンディスプレイ[新品]
created by Rinker

エクセルの画面もこれくらい広くなります。

MacBook Proでこのモニタを使う場合は、USB-Cケーブル1本で画面出力と充電が同時にできます。
充電が同時にできる機種はあまりなく、私がこのモニターを選んだ理由でもあります。

むやみにケーブルを増やすのはあまりスマートではありません。

もしも机の上にスペースがあれば、27インチモニタを2つといったような使い方もアリです。

 

クラムシェルモードのメリット

クラムシェルモードの最大のメリットは、ノートパソコンを縦置きすれば机を広く使えることです。

左がデュアルディスプレイ、右がクラムシェルモードです。

ぱっと見は大した差ではありませんが、実際に作業をしてみると、この少しの差で快適さが違います。
特に税務の仕事をするときは紙の資料を机の上に開くこともありますので、その場合は特にクラムシェルモードの方がオススメです。
あと、見た目もカッコイイ。

また、大きさが違うモニターを併用すると目線が上下しますので、疲れる原因となったり、作業効率が落ちたりします。
ですから、私はモニターはひとつにしています。

MacBook Proを縦置きするときのスタンドは「Twelve South BookArc アルミニウム for MacBook v2」を使用しています。

Twelve South(トゥエルブサウス) TWS-ST-000038 BookArc アルミニウム for MacBook v2(スペースグレイ) (TWSST000038)
created by Rinker

 

ただし、クラムシェルモードでパソコンを使用するには、キーボードやマウスは別で購入しなければなりません。
私は、次の製品を使っています。

 

キーボード

キーボードはApple純正の「Magic Keyboard(テンキー付き) 日本語(JIS)」です。
私は記帳代行をもおこなっていますので、テンキー付きを選びました。

画像はMacBook Pro13インチとの比較ですが、テンキーの分長くなっています。
もしも、大きさが気になるならテンキー無しでも良いでしょう。

Apple(アップル)純正 Magic Keyboard テンキー付き Bluetooth マジックキーボード (iMac/Mac Pro/MacBook/iPad/iPhone対応) 日本語(JIS) シルバー MQ052J/A MQ052JA
created by Rinker

 

マウス

マウスはLOGICOOLのトラックボールマウス『SW-M570』を使用しています。
Amazon Prime Dayのときに安くなっていたので購入しました。

初めてのトラックボールマウスですが、快適です。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス SW-M570トラックボール 無線 Unifying 5ボタン 送料無料 【SK09295】
created by Rinker

 

トラックパッド

Magic Trackpad 2も併用しています。


ただし、あまり活用する機会はありません。

現時点では買わなくてもよかったかなと思っていますが、これから活用法を研究しようと思っています。

【キャッシュレスで5%還元】 Apple Magic Trackpad 2 # MJ2R2J/A アップル (トラックパッド) 【KK9N0D18P】
created by Rinker

 

まとめ

見た目もスマートで、実用性もあるMacBook Proのクラムシェルモードはオススメです。

これから、パソコンを購入する方の参考になればと思います。

 


□編集後記□
息子からもらった風邪が長引いています。
偏った食事、睡眠不足、運動不足など思い当たる節は多くあります。
これから改善していかなければなりません。



サービスメニュー

細野祐史税理士事務所は、お客様が相談しやすい事務所を目指しています。
気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。