「行動が早い」ということだけでも強みになると思ったという話

「行動が早い」という強み
「行動が早い」という強み
経営術
Pocket

独立後、「強みとは何か?」とよく考えます。
事業をおこなっていく上では、他社と違う明確な強みがあればそれが武器になります。
つまり、「強み=違い」とも言えます
税理士の中でも、相続が得意だったり、Excelが得意だったり、クラウド会計が得意だったり、他の方に負けない明確な強みがある方は、やはり強いです。
他の方に負けない明確な強みを見つけることは難しいものですが、「他の人よりも行動が早い」というような些細なことでも、突き詰めることができるのなら、それは強みになります。

 

明確な強みを打ち出すのは難しい

強みを打ち出す難しさというのは独立前から考えていましたが、独立して改めて難しいと感じています。
その業界でNo. 1であるものがあるのであれば、間違いなくそれが強みになりますが、どんなことでもNo. 1になるのは難しいものです。

私自身、ITツールやクラウド会計など、得意と言えるようなものはいろいろとありますが、それがNo. 1かと言われると、到底No. 1にはなり得ません。
ただし、ひとつのことでNo. 1になれなかったとしても、いろいろ組み合わせてその中でNo. 1になれば、それが強みになるのではと考えています。

■詳しくはこちらの記事をご参照ください。

強みってなんだろう?

「強みってなんだろう」と最近よく考えるというハナシ

2019年7月30日

そんな中、最近複数の方から
「細野さんは行動が早いね!」
と言われることがありました。

確かに、ある程度意識して行動を早くするようにはしています。
しかし、それが人から指摘されるとは思ってもいませんでした。

他の方から指摘されたことで、「それは私自身の強みなのでは?」と感じました。
また、それと同時に、強みというのはちょっとしたところに隠れているものだということを思いました。

 

「行動が早い」という強み

行動を早くするということは、複数のメリットがあります。

他の方よりも早く行動して新しいことを取り入れることで、先行者利益というものがある可能性があります。
先行者利益とは、新しいサービスなどをいち早く取り入れることで、その道の第一人者となれるといったものです。

たとえば、今は当たり前になってきたクラウド会計も、数年前まではあまり利用者がいませんでした。
その時からクラウド会計を取り入れている事務所は、現在大きく成長しています。

先見の明があったのは間違いありませんが、行動を早くした結果だとも言えます。

また、行動するかどうか悩んで結局行動するのであれば、早く行動した方が良いということもあります。
悩んで無駄に時間を消耗するくらいなら、早く行動した方が精神衛生上良いことが多いです。

「いいねぇ」で終わらない

「いいねぇ」だけで終わらずやってみることが、いつか大きな差になる

2019年10月4日

 

行動を早くするようにしていること

私は、具体的に次のことを行動を早くするようにしています。

  • お客様からの問い合わせ
  • オススメされたものをすぐに調べる
  • 必要なものはなるべく早く買う

 

お客様からの問合せ

お客様から問い合わせがあったときは、なるべく早く返答するようにしています。
ただし、いつでも返答するというわけではなくルールは決めています。

たとえば、メールやチャットツールで問い合わせがあった場合は基本的にはその日に返信しています。
「税理士に問い合わせをしてもなかなか返答がもらえない」という不満は結構聞きます。

ただし、営業時間外の問い合わせについてはその日の返信ではなく、次の営業日の返信としています。

営業時間外の返信もするのであれば、それもある意味強みにはなるでしょうが、それを続けていくと最終的に自分自身が消耗してしまいます。
「強みになるかどうか?」と「自分自身の消耗」は秤にかけた上で、無理のない範囲にする必要があります。

 

オススメされたものをすぐに調べる

人から勧められたものはすぐにその場で調べるか、その場ではメモしてその日中に調べるようにしています。
その結果、自分が良いと思ったものは積極的に取り入れています。

現在使っているMacBook ProやiPad Proも人に勧められたものでありますし、勧められて実際に自分が買ってみて本当に良かったと思っています。

また、逆に自分の場合に置き換えると、人にまで勧めるものは自分が相当良いと思ったものだけです。
その中で勧めたものを使ってもらえると、自分としても嬉しい気持ちになります。

最近ですと、MacBook ProやiPad Proを持ち運べるリュックを勧められ、購入しました。

 

必要なものはなるべく早く買う

必要だと思ったものは、なるべく早く買うようにしています。
仕事の効率化につながるようなものは特にです。

値段にもよりますが、購入するかどうか迷っている時間がもったいないです。
(迷っている時間というのは一番幸せな時間ではありますが。)

お金の使い方には、投資と消費とありますが、投資と考えられるものについては積極的にお金を使うようにしています。

 

まとめ

「行動が早い」ということだけでも強みになるということについてまとめました。

強みというのは気づかないところに隠れているものです。
また、本当にちょっとしたことが強みとなる場合もあります。

まず、自分自身の強みに迷われているのであれば、他の人よりも少しでも行動を早くすることをオススメします。

 


□編集後記□
土曜日は、妹の子供が生まれたので病院へ。
私にとっては初めての甥っ子だったのですが、やはり可愛かったです。
将来、自分の息子と仲良く遊んでくれたらいいなといろいろ想像してしまいました。



サービスメニュー

細野祐史税理士事務所は、お客様が相談しやすい事務所を目指しています。
気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。