多人数が苦手な人は、少人数の集まりに参加してみよう

少人数での集まり
少人数での集まり
独立・開業
Pocket

独立すると、いろいろな付き合いが出てきます。
時には40人規模の多人数での集まりや飲み会に参加することもあれば、5人程度の少人数の集まりや飲み会に参加することもあります。
どちらが合っているかは人によって異なりますが、独立後は自分が合っている方に参加すればいいだけです。

 

多人数での集まりや飲み会

多人数での集まりや飲み会は、いろいろな人と話すことや、人が多いところが好きな人が合っています。
どちらかというと体育会系の集まりに多いイメージです。

私はと言いますと、正直多人数での集まりや飲み会などは苦手な方です。
嫌いなわけではありませんが、あまりうまく立ち回ることができないのです。

多人数の飲み会に参加すると、結局近くに座った方と話すことで終わってしまうのが私のいつものパターンです。

また、最近は少なくなりましたが、昔ながらの和室の宴会場での飲み会ですとビールを注ぎに回ったほうが良いのかという悩みも出てきます。
そういったことをうまく立ち回れる人は、気が利いてすごいなあと思いつつ、自分はできないなあといつも思います。

最近も多人数での飲み会に参加しましたが、やっぱり自分には向いていないと改めて思いました。
昔であれば、自分が無理をして合わせようと思うこともありましたが、最近は合わないことを無理にやらなくても良いかと思うようになりました。

 

少人数での集まりや飲み会

最近は、少人数での集まりや飲み会が自分に合っていると感じています。
つい最近も、少人数セミナーに参加して、その後懇親会にも参加しました。

やはりこういった少人数の集まりですと、方向性が似た人たちが集まりやすいので話も合います。
多人数の集まりですと、考え方が合わない方も多くいらっしゃいます。
(いろんな意見が聞けるので、それはそれで良いことではありますが)

少人数の集まりの場合は、どちらかというと静かにしっとりと話すような感じにはなりますので、多人数で騒ぎたい人にとっては物足りないのかもしれません。

しかし、変に気を遣わないので、多人数の場ではできないような深い話もできます。
私のように多人数が苦手な人は、少人数での集まりに参加することをオススメします。

ちなみに私の中の少人数は多くて6人くらいかなと感じています。
8人になると、4対4くらいでグループが別れてしまいます。
(それはそれで良いですが)

 

独立後は自分が合っている方に参加すれば良い

独立後は、どういった集まりに参加するかは自由です。
ですが、一度参加してみないと、その集まりがどういった集まりかはわかりません。

ですから、大人数の集まりと少人数の集まりの両方に参加してみて、自分に合った方を見つければ良いのです。

1度経験してみる

とりあえず経験してみる。続けるかどうかはその後に判断

2019年5月16日

私の場合、多人数での集まりにが苦手ということを改めて知ることができたのは大きな収穫でした。
今後は、そういった集まりを避けることで、苦手なことに時間を使わなくて済みます。

特に独立後、ひとりで仕事をしていると時間が足りなくなりやすいので、何に時間を使うかを選ばなくてはなりません。

 


□編集後記□
昨日は自宅での作業後、午後からジムへ行きました。
独立してからジムへ行こうと思っていましたが、あまり行けていませんでした。
そろそろ本当に運動不足がヤバイので、これから心を入れ替えて行きます。



サービスメニュー

細野祐史税理士事務所は、お客様が相談しやすい事務所を目指しています。
気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。