電話には要注意!フリーランスとして独立したら考えるべき電話との付き合い方

電話との付き合い方
電話との付き合い方
仕事観
Pocket

今の時代、連絡手段はいろいろとありますが、昔から存在し、現在も最も使われているのは「電話」です。
しかし、電話は便利な半面、悩ましい部分もあります。
フリーランスとして独立したら考えるべき、電話との付き合い方についてまとめました。

スポンサーリンク

電話をかける側の都合

電話はかける側にとって、最大のメリットがあるものです。

さまざまな連絡手段のうち、自分の用件を1番早く相手に伝えることができるものが電話です。
また、今の時代はほぼ全ての人が携帯電話を持っていますから、緊急の用事などには電話が使われれることが多くあります。

営業においては電話で連絡するのが1番丁寧だというイメージがあります。
特に私より高齢の方達は、用件はまず電話で連絡すべきだと思われている方が多いのではないでしょうか。

私が働いてきた税理士事務所も、用件があるときはまず電話することが普通でしたし、ちょっとしたことでも電話で問い合わせがありました。
また、「FAXを送りました」という電話があることもあれば、「メールを送りました」という電話があることさえあります。

そういったことは、やはり、電話が1番丁寧だというイメージからくるものでしょう。

 

電話をかけられる側の都合

電話はかける側にとっては最大のメリットがあるものですが、実は大きな弱点があります。
それは、かけられる側の都合を考慮できないということです。

前もって、何時に電話するということを伝えた上で電話をかけるのであれば、相手のことを考慮できているのでしょうが、そんなことは稀です。
かけられる側にとってはいきなりかかってくるのが電話です。

知り合いであればまだしも、集中して作業をしている時にかかってくる営業電話などは最悪です。
雇われている場合は、電話に出ないわけにはいけないのでが、集中力が途切れて仕事に支障が出ることもあります。
さらにその電話が、しつこい営業電話だった場合はイライラします。
(こういったことも私が独立したいと思った理由のひとつです。)

特に時間のないフリーランスにとっては、集中力が途切れるのは死活問題です。

また、「電話がかかってきて出られなくて、掛け直しても相手が出られない」というループが続くことがあります。
そうなるとどちらかが諦めるか、どちらかが出るまではそのループが続きます。
その時間はいつも理不尽だと感じます。

ですから、電話はかけられる側にとってはあまりメリットがないものなのです。

 

スポンサーリンク

私の場合の電話との付き合い方

私は昔から電話をかけることも出ることも苦手です。

電話をかけようとする時は「相手が何をやっているか」や、「かけられてどう思うか」などをついつい気にしてしまいます。
「今、忙しいのだからかけてくるな」
とか言われないかと不安になり、電話をかけるのを後回しにしたくなってしまいます。

社会人になってすぐの頃は、「電話をかけるのを苦手にするのは良くない」と思っていましたが、最近は逆に「苦手なものはしょうがない」と思うようになりました。
電話が相手の時間を奪うものだと言う認識が、世の中にも徐々に広がってきたからです。

最近は、電話ではなくメールなどで済ますことができたらと思うことが多くなってきています。
メールであれば、受ける側の都合はあまり考える必要はありません。
(もちろん、送る時間帯は気にしますが。)

また、電話をかけられるのも苦手ですので、会社の電話が頻繁に鳴る日などは気が滅入ります。
急ぎでない用事であれば、メールなどで連絡をいただいた方がありがたいと思っています。

お客様が電話での対応を望むのであれば対応するようにはしていますが、最近はお客様に連絡手段は何が良いか確認をするようにしています。
すると、意外と電話以外の連絡手段を望まれる方がいらっしゃいます。(特に若い方)
お互いになんとなく電話で連絡を取り合っていたけれど、本当はお互いメールでの連絡を望んでいたということもあります。

 

電話との付き合い方のまとめ

もし電話でなく他の連絡手段をメインにしたいと考えられているのであれば、1度相手の方がどんな連絡手段を望むのかを確認してみましょう。
なんとなく電話で連絡を取っていたけれど、本当は他の連絡手段が良いと思っていたということもあるかもしれません。

また、自分が電話をかけられるのが苦手なのであれば、相手の方に対してもなるべく電話をかけないという対応をするのも大切です。
自分が電話を多くかければ、相手の方も電話での連絡を望んでいるのだろうと思ってしまいます。

究極的には電話番号を誰にも教えないということですが、私はまだまだそこまでできません。
ですが、私自身はいずれはそういった方向へいきたいと思っています。

便利な反面いろいろと問題がある電話ですが、上手く付き合っていけるように工夫しましょう。

 


□編集後記□
先週は割と涼しかったのに、昨日は真夏に戻ったような暑い1日でした。
私は温度変化に弱く、体調を崩しがちです。
独立後は体調の管理により一層気をつけねばと思います。

スポンサーリンク



サービスメニュー

細野祐史税理士事務所は、お客様が相談しやすい事務所を目指しています。
気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。