日々、情報発信することの大切さ

日々、情報発信の大切さ
日々、情報発信の大切さ
経営術
Pocket

現代は、世の中に情報があふれており、検索すれば誰でも気軽に情報を得られる時代です。
また、ブログやSNSなどで個人が情報を発信することも容易となっています。
そんな時代だからこそ、経営者は日々情報発信することが大切だと言えます。

 

情報発信は当たり前の世の中

最近はブログやSNSで情報発信をするのが当たり前な世の中となっています。
特に、美容院などのサービス業は、積極的に情報発信をしていかないと顧客を獲得できない時代です。

私のような士業も例外ではなく、今から独立するのであれば、ホームページやブログ、SNSなどを活用しないとなかなか厳しいでしょう。
私はというと、ブログから始まり、Twitter、そして昨日からInstagramをはじめました。

Instagramはどちらかというと個人的な要素が強いので、すでにやっているブログやTwitterとは違った情報発信の仕方を考えています。
また、LINE公式アカウントもいずれやろうとは思っています。

このように、様々な情報発信方法がありますので、全部やってみて自分に合った方法を選んでも良いですし、はじめから一つに絞っても良いでしょう。

何かしらで情報発信することが大切です。

 

日々、情報発信することの効果

日々、情報発信することで、次の効果が得られます。

  • 自分を知ってもらえる
  • 情報のブラッシュアップにつながる
  • 生存確認になる

 

自分を知ってもらえる

自分から情報発信する1番の理由は、ズバリ「自分を知ってもらいたいから」です。
私に依頼をいただくためには、まず私を知っていただく必要があります。

そのために、日々思うことや役立つ情報を発信しています。
それを見て、私の考えに共感していただいた方から仕事の依頼をいただけたら最高です。

また、税理士は全国に約78,000人います。
その中で、私を選んでいただくためには違いが必要となります。

他の税理士と違う部分をアピールするには、情報を発信するのが最適な方法です。

 

情報のブラッシュアップにつながる

情報を発信していく中で気をつけなければならないことは、「間違った情報を発信しないこと」です。
間違った情報を発信してしまった場合は、逆に信用を無くしてしまうこともあります。

そうならないためにも、日々、情報をブラッシュアップすることが大切です。
私は税務記事を書くときは、間違いが無いか何回も調べてから投稿するようにしています。
(それでも毎回アップするときはドキドキですが)

そうすることで、自分自身の勉強にもつながります。

 

生存確認になる

「生存確認になる」と書くと少し大げさですが、店だったらやっているかどうかの確認になります。
皆さんの近所にも、行ってみたいけれどやっているかどうかわからないため行けないお店が1件はあるはずです。

日々、情報発信をしてるお店だったら気軽に入れますし、人だったら気軽に依頼ができます。

 

まとめ

日々、情報発信することの大切さについてまとめました。
情報発信の方法はブログでもSNSでも良いですが、定期的に行うことが大事です。

また、頻度もさることながら内容も大切です。
(と言いつつ、私も毎回内容が無いような記事を書いていると反省しています。)

ただ、あらためて周囲を見渡してみると、情報発信の大切さはわかりつつも日々情報発信をされている方は意外と少数です。
ホームページはとりあえず作ったけど記事を更新されていない方は意外に多いものです。

日々情報発信をすることはある意味苦行ではありますが、必ず成果がありますのでオススメします。

 


□編集後記□
今日は独立後初の法人の申告をしました。
雇われ時代とは違い、全てが自分の責任になりますので、提出するときは緊張しました。
電子申告は無事に終わったのですが、その後の控えの印刷がなかなかうまくいかずに、その対処で一日かかってしまいました。
その他にもいろいろトラブルがあり、独立してから1番のトラブルデーでした。



サービスメニュー

細野祐史税理士事務所は、お客様が相談しやすい事務所を目指しています。
気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。